So-net無料ブログ作成

… [死]

昨夜、妻とケンカしました。

「死にたい」と言ったら、「泣いてる子どもの前で言うな」と怒鳴られました。

21日分の抗うつ剤と不安剤を飲めば死ねるでしょうか。
nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 10

シェルビー

ツギサーさん
どうして貴方には奥様もお子供さんもいるのに自ら死を選ぼうとするのですか?

21日分の抗うつ剤と不安剤ぐらいでは死ねない事、
貴方もきっと分っているはずです。

参考までに、
以下のサイトをご覧下さい。↓
http://www.eonet.ne.jp/~pain-killer/LD50.htm

それと、
私が自分のブログに書いた記事も、
併せて読んで欲しいです。

http://sdr.blog.so-net.ne.jp/2007-07-13-1

今のツギサーさんへのメッセージです。

貴方には、
貴方を必要としている奥様やお子さんがいるのです。

どうか、
生きて下さい。

お願いです・・・・・。
by シェルビー (2012-08-07 11:45) 

のろ

ツギサーさん・・・、緊急避難的に入院されるという手もありますよ?あまり思い込みすぎないようにしてくれるとうれしいです。
by のろ (2012-08-07 18:12) 

たぃ

ツギサーさん、お久しぶりです
いつもブログを読んで下さってありがとうございます

私も母によく「死にたい」ともらします
でも介護されてる身の母は
「お母さんが死んだらいいよ」
って私の気持ちを和らげてくれます

家族で支え合っているんですよ
気持ちが落ち着けるといいですね
by たぃ (2012-08-07 18:52) 

エコピーマン

人に死にたいということは 危険な兆候ですね
でも 本当は死にたくないのではないですか・・・・
私も 自分は社会から脱落した 落ちぶれた人間だと
卑下していました 今も変わりはありませんが
でも 今の自分ができることをこつこつ実行しています
それが 精一杯だからしかたないのです
だれも 責めたりできないと思います
眠りにつくことが 私の幸せな時間です
ジキサーさんも 今は眠剤で眠ることに徹しましょう
しっかり眠ると 忘れてしまいます

by エコピーマン (2012-08-25 00:51) 

月夜のうずのしゅげ

9月に入り、また来てみました。
by 月夜のうずのしゅげ (2012-09-01 09:56) 

taharas

良かった!!持ちこたえていて・・・

今年は冠婚葬祭の葬祭が私の周りでも多くて、
人間は死にたく無くてもいつかは死ぬんです。
4月に看病に奄美へ行ったが叔母が4月18日に80才で
亡くなり、21日の納骨迄済ませて帰阪、其の間に大阪の
叔母が4月14日に86才で亡くなり、通夜・告別式は全て
家内に対応して貰ったが5月の49日法事には夫婦で参列、
8月11日には鹿児島で義叔父が92才で逝き、お盆の最中に
鹿児島の通夜に参列、みんな死なせたく無い、生きたいと
思っていても必ず天に召される日が向うから来るんです・・
by taharas (2012-09-02 15:20) 

シェルビー

ツギサーさん、
ブログの更新が止まっていますが、
生きていますよね?

たとえブログ上の関係でも、
あなたの事を心配している人がいるんです。

近況を聞かせて下さい。

更新お待ちしています。

by シェルビー (2012-09-04 04:50) 

エコピーマン

ブログ復帰まってますよ...^^)b
by エコピーマン (2012-09-07 02:09) 

はなだ雲

心配しています、私もブログ更新待っています
by はなだ雲 (2012-09-08 16:08) 

さきしなのてるりん

はなださんのところから来ました。
苦しいんですね。
死んでしまえばどんなに楽だろうって思うんですね。
ツレがそうでしたから。
私がツレの苦しさを分かってあげられなくて、
もう少しで、死を選ばせてしまうところでした。
あなたのことを心配する人は、このブログにたくさん来ています。
とりあえず、この人たちのために生きてください。
そのあと、できれば病院に入院されたほうがいいです。
それは病気を治すためではなく、しっかり休むためです。
家にいると、心が休まらないような気がします。
奥さんもきっと私がそうだったように、
どうしてうちの人はこんなになっちゃったのかしら、
もっと話が分かる人だったはずなのにと、
悲しくなっていると思うのです。
そしてほんとはもっと大きな気持ちで見てあげなくてはいけないのにそれができない自分にイラついていらっしゃるのだと。
そこから解放してあげてください。そしてあなたもどうぞ入院することで
むしろ自由な気分になれることを実感してください。
回復してくれば、きっとちゃんと2人して笑える日が来ます。
頑張らないけどやっぱりここは勇気を出してください。
by さきしなのてるりん (2012-09-30 19:59) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。